TOP

風俗の世界にも、プレミア感というものは存在している気がします。どういった時に感じるかというと・・・私の場合は、やはり嬢と接している時でしょうか・・・。

最悪な客三連発

高収入の求人につられ軽い気持ちで風俗嬢になりました。週一でいいと言ってくれたり時間に融通を聞かせてくれるためホテヘル嬢になったのですがやな客が多すぎます。昨日は本当にやな客が連発しました。一人目はあった瞬間にいきなりしゃぶってと言うのです。「じゃあちょっとだけですよ」と言うのですがあそこが臭くてたまりませんでした。その後の要求もめちゃくちゃでしたが幸いにも時間が短かったのでやり過ごせました。二人目はデブの汗っかき。耳元で何か言うのですがフーフーと言う息遣いが気持ち悪くしかも息が臭いのです。三人目はやらせておじさん。「ねえ本番やらせてよ。別料金払うから」と言うのです。もちろん断りましたがあまりのしつこさにブチ切れそうになりました。しかも歯が一本しかなく別料金もたかが知れてるんだろと思いもう一本の歯もおってやりたかったくらいです。イケメンが来てくれという贅沢なことは言いませんがせめてモラルのある人に来てほしいです。

男性に強い興味があって

恥ずかしい話、ものすごく男性に興味がありました。父親がいないっていうのもあって、男性に対して男親を求めてしまう傾向にあるので、付き合った男性もかなり年上で、しかも変態じみたプレイが好きだったので、私自身アブノーマルなのかもしれないと思っていました。ある時友人が風俗嬢やっているって知って、自分もしてみたいって思ったんです。風俗やってるってことは不特定多数の男性といろいろ出来るわけでしょ。まだ私の開発されていないところを開発してくれる人がいるのかもしれないって思って、風俗の中でもソープの求人を受けに行ってきました。私、あまり知らずにいたのですが、風俗の中でもソープって、めちゃくちゃ高収入ですね。私の場合、好きで風俗に入るので好きな事をやってこんなにも高収入もらっていいのか?と思うくらいでした。最近は指名も付くようになって、結構色々なプレイさせてくれる子がいるって広まったらしく、店長さんもすごく喜んでくれています。

本業でのお給料だけでは厳しくデリヘル嬢に

よく風俗嬢はホストクラブ通いとか男に貢ぐために稼いだお金を使ってる、なんて言われるけど確かにそういった人は少なくないでしょう。私が勤めているデリヘルも、1年以上そこに勤めているような人たちがそんな感じです。嬉しそうに夢中になっているホストのことを、待機室で喋ってますから。私の場合は、本業でのお給料だけだとカツカツだったんで、たまに副業としての出勤です。もともと空いた時間に出勤できるということで求人に応募したものですから。さすがに毎日出勤するのは避けてます。結構なお金をその日のうちにもらえるわけですから、確かに頻繁に出勤すれば高収入も簡単でしょうけど、感覚が麻痺してしまうのが恐いからです。普通の昼間の仕事だと、男の人にサービスする苦労はありますが、それ以外は融通も利きやすいし働きやすすぎる面もあります。ただ、逆にそれに慣れちゃうと他の仕事は出来ない、なんてことになりそうにも思えます。そこが気にならなければいいんでしょうけど、私は違和感を感じているのです。

月別アーカイブ

フリースペース